住宅のカビを根絶する工法 FRS工法

FRS工法ってなに?

  • まずはその汚れを調査し、そして衛生的な環境に蘇らせます。
  • 防カビ剤や漂白剤を使って、ブラシでこすり落とす方法ではないので下地の材料を傷めません!
  • カビが付いている材の中に液剤を浸透させカビを分解し根絶させます。
  • 施行が簡単♪足場は基本的にいらないので低コストを実現!!
  • 液剤の成分は食品添加物に使用されている物と同じ成分を使用。
    人体や植物に安全で環境に優しい液剤です。

コンクリート・モルタル・タイル・漆喰・サイディング・石材・木材・畳
ビニールクロス・塗装面・墓石など多種多様な材料に対応可能 。

カビが目に見えて分かるということは…
1c㎡あたり、なんと約40億個の胞子がそこへ潜んでいるのです!

一つでもチェックが付くお客様!お気軽にご相談ください!

施工前/施工後

パッチテスト無料!

施工例

カビだけでなく、サビや油汚れなど様々な汚れに対応できます!住まいの内部から外部まで、クリーンな環境を実現致します。

施工例

詳細はこちら

見積金額例

見積金額例

¥32,400
一般的な浴室(1坪)の壁・天井・床 (浴槽を除く)
※浴室以外は面積あたりでの計算になります。

クサカ建設株式会社 TEL.(0853)21-5110

FRS工法とは?

FRS工法とは?

高温多湿の日本では、人間が快適な条件を整えれば整えるほどカビ(真菌)や菌類の生育を助長し、知らず知らず
のうちに健康を害しているのです。
FRS 工法はハウスクリーニングとは異なり、カビ(真菌)や菌類を根元から死滅させ除去し、これに加えて防カビ
処置を行い、長期間のカビ(真菌)発生を防止するサニテーション技術です。

FRS工法の特徴

FRS工法の特徴

●壁や木材の内部に洗浄剤を浸透させ、カビの核菌を分解して元から根絶する工法です。
●建設会社がおすすめする、下地の材料を傷めない工法です。

施工対象

施工対象

●コンクリート
●モルタル
●タイル
●サイディング
●ビニールクロス
●塗装面
●畳
●墓石
●木材
●石材

カビのメカニズム

カビのメカニズム

カビは本来土壌の中で他の微生物と共存し、植物などに寄生していますが、成長すると胞子を空気中に飛散させ増殖します。
このカビの胞子を人間が吸い込むことにより、アレルギー性疾患の抗原体(アレルゲン)となって気管支喘息や、アトピー性皮膚炎、花粉症、鼻炎などを引き起こします。
カビは本来目に見えないほど小さいものです。見えるほどのカビが発生しているということは・・・。
因みにお風呂のタイル目地に発生する黒いカビは、1c㎡あたり40億個の胞子を持っているといわれています。

クレンリネスとサニテーション

従来のハウスクリーニングは目に見える汚れへの対応(クレンリネス)を重視してきました。
カビなどは見た目に綺麗になったとしても、原因を除去しなければすぐに発生してしまいます。

クレンリネスとサニテーション

施行の流れ

施工の流れ

  1. ①ご連絡を頂いたら訪問して状況を確認させて頂きます。
  2. ②目立たない場所でパッチテスト(液剤を部分的に塗布して効果を確認)をさせて頂きます。
    ※ご要望があればカビを採取して、後日メンテナンスカルテを作成し、カビの種類を特定します。(費用別途)
  3. ③お見積もりを提示させて頂きます。
  4. ④ご納得いただければお客様の都合に合わせて施行いたします。 作業時間は場合にもよりますが、お風呂程度なら1日で完了します。
トップページ