省エネ仕様の舞台裏、断熱工事の様子

松江で工事中の新築現場では、

吹付けウレタンの壁断熱施工が始まりました。

90mm厚で吹付けウレタンによる高断熱施工により

冬暖かく、夏涼しい快適な家を実現します。

木材の呼吸に追従できる性質のウレタン発泡できちんと

壁断熱がとられていきます。

このように、きちんとした断熱素材と工事をしておくことで、

きっと暖房の利きがよく、冬暖かい家になってくれることと思います。

断熱、とっても大事です!

こちらの現場では、天井にセルロースファイバーを使用する予定です。

天井裏にブローイングする方法ですので後日天井が出来る頃に

施工されます。

古紙をリサイクルした自然素材で、湿気の調節にも一役を担うもの!

また、後日様子を紹介いたしますね!

外壁のサイディングも徐々に貼られていい感じになってきました。

腰高のレジェチャコールの濃い色が絶妙なバランスでいい感じです!

全体外観は足場が外れるまでもう少し待っててくださいね!

最新イベント情報
土地選び
資金のこと
住宅ローンについて