絆の家 建築記録(地盤改良編)

見学会開催予定の下横町で建築中の「絆の家」ですが、

工事の進捗状況にあわせて、家がどうやって出来るのか?実例でご紹介してまいりたいと思います。

既に、工事は基礎まで出来上がっているので、徐々にダイジェスト写真で作業の内容をご紹介します!

これを続けて読んでいただくと、家がどうやってできるのか?を知ることが出来ます。

ぜひ、ためになるので、注目してみてやってください!!

 

 ※   ※   工事に入る前に一番大切なこと、それは地盤調査と適切な補強工事   ※   ※

      ※   ※   まずは、建築に入る前に地盤調査を必ず行ないます。  ※   ※  

この調査結果を踏まえて、その土地に必要な地盤改良工事や基礎の補強等を行います。

当然、第三者による保証制度付きかどうがポイントといえます!会社ごとに違いますから、

工事を依頼する前に、是非確認しておきたいですね!

※   ※   こちらの現場では、柱状改良という地盤改良が必要な土地でした   ※   ※

こうして必要かつ適切な地盤補強を行い、第三者による保証制度付きにて住宅をお届けすることで安心の住まい作りがスタートします。 

下の写真がソイルセメント工法という地盤改良の様子です。   ※   ※   ※

 

地面に大きなドリルの付いた重機でセメントの摩擦杭を作っていきます。

しっかり調査して、適切な改良を施すことが大事なのです!

 ※   ※   こうして、地盤調査~地盤改良工事をしたあと、いよいよ基礎工事になります   ※   ※

      ※   ※  次回は引き続き、基礎工事~の様子をご紹介してまいります。   ※   ※

        ※   ※  チェックポイントも写真つきでご紹介します。お楽しみに!  ※   ※  

最新イベント情報
土地選び
資金のこと
住宅ローンについて